ぴかるのカルテ

リハビリの作業療法士がいかにくだらない毎日を過ごしているかを綴ります(笑)

断食。

断食をするとのこと。

連絡も取らず会うことも無く、頭の中から俺を追い出す作業。

 

 

今、本来の良さを完全に失ってる。

俺のことを考えすぎて何も手につかず、何も頭に入らず、なんとかその日その日を頑張ってこなしている状態。

よっぽど俺は手のかかる男のようだ(笑)

こうなると俺の存在は全くのマイナス。

それを痛感する度に、自分さえいなければもっと輝けるのに、と思う。

俺が好きだった人は俺のせいで変わってしまった。

食い止められなかったのは俺のせい。

 

寂しいと思ってはいけない。

断食をする決意の邪魔をしてしまう。

寂しいだなんて俺の方が依存してるようなもんじゃないか。

こんな感情は捨てなきゃ。

共依存なんて不幸にしかならない。

 

忘れてしまおう。引き出しの奥にしまって忘れてしまえ。

失恋なんて後生大事に抱えてもしょうがない。

出会うべきときにまた出会えて一緒になれればそれはそれで新しい恋愛として受け入れればいい。

それまでは恋愛を弔い、喪に服す。

輝きが戻って、また新しい片想いからはじめよう。