ぴかるのカルテ

リハビリの作業療法士がいかにくだらない毎日を過ごしているかを綴ります(笑)

もやもや

もやもやするって自分では表現するんだけど、どうやら万人が理解できる感情ではないらしい。

 

俺は感情の燃えカスだと捉えてる。

吐き出せなくて、不完全燃焼な気持ちが堆積して息詰まるというか、呼吸しづらくて溺れそうで足掻いてるようなそんな感覚。

特定の原因がわかっていることもあれば、日々の積み重ねなどで知らず知らずのうちに高まってしまうことも。

おかげで眠れなくなることも多々ある。

 

パーっと何かで解消できればいいんだけど、うまくいかなくてひたすら試行錯誤を繰り返してしまうことも。

なんなんだろね、もやもやって。

 

感情を出すのは得?損?

喜怒哀楽が人前で出せる人っていいなあって思う。

腹割って話すとか出来るといいなあって思う。

俺はなかなか出来ない。

 

俺は失敗を極端に嫌がる人。

プライドが高いのかもしれない。

失敗しないように失敗しないようにとリスクをなるべく避けたいと思ってきた。

まあ結局生きてる限り失敗なんて無数に体験するわけなんだけどね。

でも少ないにこしたことはない。

だから顔色を伺いまくるし、空気を読もうと常に気を張っている。

だから感情を必要以上に出さないようにしてきたし、ここぞという時以外発言もあんまりしたくない。

感情を出して引かれたら嫌だし、発言して理解してもらえなかったら嫌だし、それなら無難of無難を目指した方が傷つかなくて済むよね。

 

人の役に立ちたいと思って、正義感や義侠心を持って為すことはあとあと後悔する。

親切心や善意を持って為すことはだいたいそれに慣れられちゃって、便利屋扱いに納得いかなくてふと途切れたときにマイナス評価に転換し後悔する。

 

どうしたらいいんやろね。

うまい生き方ってどんな生き方なんやろ。

 

ほんとは優しくないのよね。

卑怯で打算的で。

自分大好きだけど大嫌いで。

明るいテイで振る舞うけど心の中は真っ黒で。

自分はほんと薄汚れたなと。

そんな薄汚れた自分を誰にも知られたくなくて常に緊張感が抜けない。

 

感情を出すのはリスクだ。むき出しの中で傷付いたら傷跡になってしまう。耐えられない。

新しいiphoneが欲しい!!

新しいiphone発表されましたね!

うちのiphone7plusもなんだかんだ、まる3年が経ちました。

電池持ちも気になってきたところで、そろそろ買い替えを検討したいところ。

今年のiphoneは魅力がすごいね。

まず値段がすごい、去年のXRより1万円も安い!円高が効いたね(⁎˃ᴗ˂⁎)

去年のに比べたらカメラ機能の進化が目立つかな。セルフィーカメラが12メガピクセルになったり、夜間の明度調節が自動で出来たり、広角レンズがついたり。ここらへんは今までこうなったらいいなと思ってたから嬉しい。

 

 

 

比較してみよう。

iphone11

・本体カラー

パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド
・発売日
2019年9月20日
・ディスプレイ
6.1インチSuper Retina HD
・画面解像度
1,792x828ピクセル  326ppi
・高さ
150.9mm
・幅
75.7mm
・厚み
8.3mm
・重量
194g
・プロセッサ
A13 Bionic
・ストレージ容量
64GB、128GB、256GB
・防水性能(耐水・耐塵)
IP68
・コネクタ
Lightning
・3D Touch
触覚タッチ
Apple Pay

・Touch ID(指紋認証)
×
・Face ID(顔認証)

・ワイヤレス充電

・高速充電

・メインカメラ
デュアルカメラ、12メガピクセル

ナイトモード


iphone7plus
・本体カラー
シルバー、ブラック。ゴールド、ローズゴールド
・発売日
2016年9月16日
・ディスプレイ
5.5インチRetina HD
・画面解像度
1,920 x 1,080ピクセル  401ppi
・高さ
158.2 mm
・幅
77.9 mm
・厚み
7.3 mm
・重量
188 g
・プロセッサ
A10 Fusion
・ストレージ容量
32GB
128GB
 
・防水性能(耐水・耐塵)
IP67
・コネクタ
Lightning
・3D Touch

Apple Pay

・Touch ID(指紋認証)

・Face ID(顔認証)
×
・ワイヤレス充電
×
・高速充電
×
・メインカメラ
デュアルカメラ、12メガピクセル

 

ということなんだけど、7plusが当時の最高スペックなわけで、カメラの機能自体ははあまり変わらないようですな。ナイトモードは魅力。

処理速度が速いのは嬉しい。

電池持ちが伸びるのは嬉しい。

画面インチ上がってるのは嬉しいけどppi下がる...むぅ、どう捉えるか。

 

悩む...

めりはり

あ、先に言っときますね。結論まで長いですよッ!!(笑)

 

俺には、仕事における座右の銘があります。

「プライベートが充実してない奴はいい治療なんかできない」

 

昔、仕事の時に誰かに言われた「プライベートが充実してない奴はいい仕事なんて出来ない」を改変したものです。誰に聞いたんだか忘れちゃったなあ。その節はどうも(笑)  

 

それはさておき、プライベートが仕事になんの絡みがあんねんコラって思うかもしれない。

意外にあるんですよな。

 

充実と一言に言ってもいろいろあります。

夫婦仲が良い、とか

趣味がある、とか

欲しいものがあって貯金こつこつ頑張ってる、とか

いろいろ。まあそれぞれに価値観があるので人それぞれに充実の定義が違うでしょうが。

 

充実してる時って楽しいですよね。

人に優しくできますよね。

意欲ややる気が湧いてきますよね。

よく笑いますよね。

そんな表情を見てる側も悪い気はしないですよね。ヘラヘラしてたら問題ですけど。

 

はい、逆。

充実してない時って楽しくないですよね。

気持ちに余裕がなくなりますよね。

しょうもないことですぐイライラしたり、ため息ついたりしますよね。

よく作り笑いしますよね。

そんな表情を見てる側は心配になりますよね。当たり散らしてたら問題ですけど。

 

 

充実してるか否かで気持ちの余裕に差がつく。余裕が無いと視野は狭まるし、沸点は下がるし、楽しくない。

そこで、ひとつ。

仕事におけるトラブルの第1位は、人間関係です。

影響でない訳がない。

で、仕事も楽しくなくなるという悪循環になる。

 

ということを思い、はじめて「プライベートが充実してない奴はいい仕事なんて出来ない」と聞いた時、なるほどなあと妙に納得できた訳です。

 

俺の仕事は作業療法士です。

セラピストやら治療家と分類される職業です。

でも作業ってなあに?

これは俺の中では作業=人生と解釈しています。

身体領域では大雑把に分けたら基本動作は理学療法士の訓練領域、応用動作(家事とかから就労に関するものも)は作業療法士みたいな感じですね。

神領域だと、精神疾患になり社会復帰のためにリハビリするのは作業療法士の訓練領域ですね。(ちなみに豆知識ですけど、人間関係の中でうまく適応出来なくて困るってのが精神疾患の基本です。どんなふうに困るかで分類が分かれていくわけです。つまり社会で困らなければ、誰にも迷惑をかけなければ精神疾患の定義に当てはまりません)

 

応用動作の積み重ねが生活であり、そこを助けることで人生設計を作り直す。

小さい集団から人間関係を構築し、やがて社会という大きな集団の中に人間関係を構築することで人生設計を作り直す。

作業療法士は人生設計を作り直す助けをする仕事。

素晴らしいねー。

あ、ここら辺のくだりは受け売りです(笑)

でも自分の中ではしっくりくるからいつも人にはこういう説明をしていますよ。

だってー。作業(笑)とか言われたくないし!

 

で、何故「プライベートが充実してない奴はいい治療なんかできない」かと言うと、

人生設計を考えたい時、セラピストが信頼できるかどうかってすごく重要なファクターだと思うわけです。

信頼関係が強固なら身も蓋もない話だけどこの人にプラスになるって評価を元に判断したことなら何やったって支持してくれるしプラスに働くでしょ?

 

では信頼できるかどうかってどこで判断される?

それは話し方だったり表情だったりもする。

それは言葉そのものだったりもする。

 

そんな時に、さっき出たみたいに、

「充実してない時って楽しくないですよね。

気持ちに余裕がなくなりますよね。

しょうもないことですぐイライラしたり、ため息ついたりしますよね。

よく作り笑いしますよね。

そんな表情を見てる側は心配になりますよね。当たり散らしてたら問題ですけど。」

ってのはいけないと思うわけです。

 

信頼関係の構築こそが作業療法士としての俺のこれまでもこれからも一番大事にしなきゃいけない心掛けだと思ってます。

だからプライベートを充実させ、引き出しを増やし、信頼感をダダ漏れにして、仕事を円滑にして、更にプライベートを充実させるっていういい循環が出来るように頑張りますッ!!

自分を出すということ

皆さんは普段自分をどれぐらいさらけ出してますか?

裏表なく生きてますか?

 

俺は、全然できてません。そんな自分が少し嫌いです。

 

『人に迷惑をかけるな』

小さい頃からことある事に親から言われてきた言葉です。本来素直、だった俺はそれを守ろうと努力してきました。

迷惑をかける度に迷惑をかけるなと言われてきた俺は、迷惑だと言われるのがすごく嫌でした。とても悪いことをしてしまった気になるんです。

そして、恥ずかしながら未だにどこからどこまでが迷惑の範疇なのかわからないのです。模範解答や尺度がないのももちろん理解しています。

 

 

小さい頃からの刷り込みで、だんだんと行動規範はいかに人に迷惑をかけないで生きるにはどうしたらいいか、になっていきました。

あと、ある意味したたかだった俺は、たとえ迷惑をかけたとしても許されるためにはどういう人間であるべきか、も並行して思うようになっていきました。

いざというときに怒られないために普段はいい子でいよう、みたいな感じかもしれません。

たぶん、今の生き方のルーツだと思っています。

 

小学校の頃、担任から「お前は本当に裏表が激しいな」と言われました。笑ってなのか怒ってなのかまではよく覚えてませんが、行動と心情が全く違うことを初めて見抜かれた瞬間でした。どうしたらズレが矯正できるか教えて貰えてれば人生変わったかも。

そこから、自分の気持ちを知られてはいけないと考えるようになり、より裏表は激しくなりました。

この頃から俺は何考えてるかわからないヤツだったと思います。

 

 

学生時代、いじめられたこともありました。

でも、傷付いたのはその瞬間だけでした。

なぜなら、表の自分がいくら傷付けられても、裏の自分は傷つかないで済んだからです。

喉元過ぎればニコニコ暮らせました。

非常に便利で重宝しました。

 

 

この頃から、表の自分を仮面、裏の自分を本性と認識し始めました。

立派な二重人格だと思います。

仮面はぼろぼろになれば取り替えればいい。環境を変えたりしたら新しい仮面が手に入る。

仮面被った自分は、自分で言うのもおかしいけど本当にいい人。誰にでも平等。率先して人の嫌がることをやり、善行を重ね、人には耳障りのいい理想論ばかり語りました。絵に書いたような偽善者。

本性は、自分のことを守るためにどうすればいいかだけを考えてました。本性の方はいつもフル回転でいろいろ思い悩んでます。ちなみにストレスで衝動買いするのはこっちの性格。

 

 

恋愛とかはさすがに悩みました。好きになれば仮面被った自分だけじゃなくて本当の自分を知って欲しい気持ちも出てくるし。

でも、以前にも書いたけど嫌なことありすぎて、だんだん本性出すのがめんどくさくなりました。

いやー、いつも振られる時は「何考えてるのか複雑すぎてわからない」なんですねー。表裏の性格が違いすぎるせいかと。表の自分ばっかり知ってるひとが、理論をひたすらこねくり回してる裏の自分を見たときに戸惑わないはずがないですよ。だいたい恋愛は長く続きませんね。

大体のふられパターンは、さらけ出してギャップ萎えされるか、さらけ出していい人かどうか試しすぎて関係を壊してしまうかです。

ふるパターンは大体正義感こじらせて私が貴方を変えてみせる!って本性こじ開けようとするタイプ。そーゆー人が1番トラウマ抉ってくる。良かれと思ってやるからなおタチが悪い。恐ろしくて二の足踏んだ時にヒス起こす人は今までさよならしてきました。減点法で相手を見てる人はやっぱキツイ。加点法で信頼関係を積み上げていきながら本性を少しずつ知っていってもらいたいなと思ってます。その上で俺のこと想ってくれるなら初めてちゃんと自分にとっていい恋愛してると感じられます。

 

 

脱線しました。

人に迷惑をかけるラインがわからないから、俺はずっと人を頼れませんでした。

頼ると迷惑の違いがわかりません。

頼ってよって言われることが最近多いです。十分頼ってるつもりなんです。

いるだけで迷惑をかけてしまうかもしれない、と本性は常に恐れています。

自分にとっては、そばに居るだけで既に頼っている状態なのです。むしろ迷惑をかけているとすら思っています。

30年かけて自分を守る術を会得したのに、それを方向転換するには、匹敵するぐらい長い長い年月が必要なようです。

 

今日の一曲

THE OVER/UVERworld

作詞 TAKUYA∞ 作曲 UVERworld

 


最後まで 嘘ついてまで 一人になろうとするんだね
何もかも嫌になってしまう程 自分のことを知りすぎてるから
いつからか僕はもう 逃げようとしてた

何もないのに 兎に角ずっと 悲しくてたまらなかった
こんな時代で ありのままで生きてける訳なんてなかったし
大切な君だけは 失いたくないから 本当の自分を隠して またつくろっていく
僕はいつか失ってしまう 分かってるからもどかしいよ

 

テレビの中の俳優や大富豪やビッグスターなら
君を満足させれるだろう そして幸せにもするだろう
でも僕は君を想うしか無い 

僕は君を想うしか無い
伝えようとして 空を眺め立ち止まる
傘をさすかどうか迷うほどの雨 思い切りの無さは 僕のようだった

 

諦めながら 生きてく毎日は 何をしても悲しいだけだった
誰よりも愛されたいのに 一人になろうとしてたことも
大切な君のためだったよ

 

伝えたい気持ちは溢れてくるのに 言葉にすればする程 違って行く
それが もどかしいんだよ

 

一番幸せ願って 一番哀しませてそうで
自分に自信がなかった できるだけ一人で生きてきた
でも 君だけが離せない 何故君だけが離せない
一人じゃないと 理解してしまった感情を
抑えきれないと 認めた時に なぜ涙が出たのかわからないけど
よく見れば 青空も 青一色じゃない
その複雑さは 心を映したようだ

 

未来へ向かうボートに乗って オールで漕ぐ僕からすれば 後ろへ進む
僕には進む先は見えない でも 君が向かいに座って見ててくれるだろう
何処に辿り着いたって 辿り着かなかったとして
未来を想像すれば だいたい幸せだった
ああ 好きだよ 君も僕を選ぶなら もう離そうとしないよ

 

年をとり日が経って 言葉さえ失って
二人過ごした日々を君が忘れてしまった時も
変わらず手を握り締め 変わってゆく君を支えて
最後まで心で対話して 守り優しさを与えていくよ
いつまでも君を想うだろう 最後まで想い抜くだろう
一人じゃないと感じさせてみせるよ

どんなに言葉の意味を調べても どれほど強くイメージしてみても
一人きりのままじゃ知れなかった
あの 探してた愛は君そのものなんだ

 

誰もが自分を超えられる OVER
一人になんてさせやしないよ OVER

さあ すべてを超える OVER

 

 

 

 

ほんといつもいつもUVERは俺の気持ちと重なるような歌ばっかり歌ってくれるな...

今日はこんな気持ち。

葛藤

辛くて切ない。

自分は選んでもらえるような人間じゃないの。

いま、すごく悩んでる。

 

最初の彼女は7歳年上。童貞を学年で二番目に捨てられたのはちょっと優越感に浸れたけどほどなく音信不通になって捨てられた。

 

二人目の彼女は福岡愛媛間の遠距離。ネットで知り合った。飛行機で2回会いにいった。セカチュー観に行って本場のうどん食べたらもう来なくていいと。グスン。

 

三人目の彼女は超絶メンヘラ。リスカの写真を送ってきたり、毎日寝落ちするまで電話してないと切れられた。本社研修で遠距離になってちょっと楽できると思ったら逆だった。

発狂して毎日帰ってきてと。夜中も鬼電で寝不足半端ない。疲れてきたころ、精神科に入院したと。また電話がきて助けに来ないと飛び降りると。俺ははずみでやれるもんならやってみろ!と言った。

その場で飛び降りて死んだ。

次の日警察がわざわざ名古屋に来て知った。

焼香上げに行ったら人殺し!と罵られた。

疲弊してた俺の心がそこで死んだ。

そこからは償いの人生。自分を捨てて人のために働いた。

人のためになるならと今思えばブラック企業で尽くしたりもした。その業界が落ち目で職場が傾いたのを感じたとき、ふとあの時飛び降りた時の心境はどういう感情からなんだろうかと考えた。

心理学を勉強することにした。

大学行く金はなかった。PTの友達から誘われて専門学校を見学したときに、OTの存在を知った。PTと違って精神科の勉強が出来るのが良かった。身体も勉強しなきゃならんのは結構しんどかった。

入学してから厳しくて毎年留年やら進路変更で同級生が減っていく。必死に食らいついた。

そんなときにクラスメイトの一人が最初の嫁。

性格はキツめ。

親とうまくいかなくて家出がてらうちに転がり込んできて、気がついたら在学中に出来ちゃった婚。キツさは増し、親とうまくいかなかったはずが孫が出来たら豹変して、しかも結託して俺はいつのまにか共通の敵に。「うちの娘を傷物にしやがって」とか言うけど元彼と密会して妊娠中絶してましたぜ。裏切られながらもずっと慰めたの俺だぜ?とあの時言えば良かった。

嫁は一年休学して、二人が卒業するまで嫁実家に身を寄せることになったら、厳しさは拍車がかかった。普段は無視され、ケンカしたら全部俺が悪いことになり、みんなの前で土下座させられたりした。暴力も受けた。抵抗したらDVだと言われた。辛かった。

ある日子供からATMと呼ばれて俺は悲しくなって外に救いを求めるようになった。

結果的に離婚届を偽造してまで逃げ出して、二人目の嫁に救いを求めた。今思えばちょっと短絡的だったような気がする。

すぐに子供ができた。最初の子を逃げ出したせいで失ってしまったから、早く欲しかった。

そこで出てくる元彼との浮気、風俗勤務の過去。被災者だからお金がなかったからだと言われてもそうそう納得はできない。ずっと燻ってる。

誰の子?と不安になりながら過ごした。

生まれてみたら生き写しなぐらい似てるようで安心した。

嫁は仕事人間で夜勤やりたがり。

夜勤先でもどうやら男がいたようだ。黒寄りのグレーまでしか証拠を抑えられなかった。

それはおいといて、夜勤が続くせいで子供に対する当たりがきつく、ネグレクトもひどかった。

だから親権とって離婚した。

子どもと離れたくないと泣きつくから夜勤やめることを条件に住むことを飲んだ。

今、夜勤週一で行き始めてなあなあになってる。最近週二に増やそうかなとか言い始めたから決断したらその時は粛々と退去してもらおうと思ってる。

 

俺側だけの言い分だから多分相手が見たらここが違うとか言われそうだけど。俺にも責任の一端は間違いなくあるはずだし。

 

ここまでが恋愛遍歴。

最悪な人生だな(笑)

登場人物クズしかいないわ。自分含めて。

幸せになってもいいんだよと言ってくれた人もいたけど正直お前何様だって思っちゃう程度には腐ってる。こんな俺が愛される訳がない。

だから表面だけ優しそうに繕って、深いところは徹底的に開示しないで生きてきたの。

辛かったけど開示しないほうが間違いなく平和だったんだ。だから慣れるしかなかった。

 

死にたくなったこともたくさんあるし、その度に生きていろんな人に償わなきゃとか思って生きてきた。苦しい時は飲み会やら無駄遣いやらで紛らわせてきた。

占いで刹那的な快楽に溺れる、運命に翻弄されやすいって出てゾッとした。

 

いまは刹那的な快楽?

わかんない。そんなことはない、と思いたい。

やっぱりこんな手に余る人間なかなかいないよ。

手に届く範囲だけでも不幸にだけはしたくないんだ。笑っていてほしいんだ。だから気持ちなんか捨ててしまったほうが幸せに出来るんじゃないかって気持ちもある。

気持ちが揺れてて辛い。毎分、いろんな気持ちがぐるぐるしてほんと辛い。

どうしたらいいんだろう。答えが出ない。